「メタボ検診よりも虐待検診を」映像版

「メタボ検診よりも虐待検診を」映像版を公開しました。

文章版はこちらです。

小野沢滋氏は「効果が定かではないメタボ健診に多くの財源を投入するよりも、虐待検診を行う方がはるかに低コストで国民の社会的健康に役立つのではないでしょうか」と提案しています。