「医療・介護の提供量が少なくなると、老い方、死に方はどのように変わるのか」映像版

「医療・介護の提供量が少なくなると、老い方、死に方はどのように変わるのか」映像版を公開しました。

文章版はこちらです。

今後、激増する高齢者に対して豊富な医療・介護サービスを提供する社会の余裕は無くなっていきます。

高橋泰氏は、「できる限り自立を続ける覚悟と、食べられなくなった時に、自然死を受け入れる覚悟を持つことが重要になる」としています。